「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

リンパの流れを良くする

体中にあるリンパ管を巡ったリンパ液は、主要なリンパ節を通り、体内深部に あるリンパ本幹 (胸管)に入り、 最後に は首の付け根(頚静脈角)から静脈に合流し、心臓へと戻ります。マッサージやストレッチなどは、このリンパの流れをよくすることが目的です。滞 ったり、機能が不完全な場所のリンパの流れをよくし、最終的に心臓へ戻せるように、全身のリンパの流れをイメージしながら行ないます。リンパは、体の部位によって流れが異なるので、ケアしたい場所ごとに、流れを知っておくこと。ふくらはぎがむくんでいるからといって、ふくらはぎだけをマッサージしても、誘導先である太もものつけ根のリンパ節が滞っていれば、リンパ液は流れません。最初に誘導先のリンパ液の流れをよくしておきましょう。

ツボは強く押せば良い?

「ツボは、強く押すほど効く」と思いがちですが、これは大きな間違い。ツボは、自分が「気持ちいい」と感じる強さで押すこと。痛 いほうが効きそうだからと、強く押すのは逆効果。筋肉が緊張して固くなってはツボに届きません。そればかりか、患部に炎症を起こ し (「もみ返し」の状態 )、 さらに悪化してしまうことも。強い力は必要ないのです。また強さによって、効果は違ってくるのです。疲れやだるい時はリラックス押し。押して気持ちよさを感じる軽めの圧で。 痛みやこりの時にはスッキリ押しを。「イタ気持ち いい」と感じるくらいまで。