フリー素材は利用規約を確認しよう

ホームページを作るとき、イラストや写真をフリー素材のサイトかうダウンロードして利用する方が多いと思いますが、必ずしも「フリー=自由に使って良い=著作権を放棄した素材」という意昧ではありません。
素材サイトの利用規約を読むと、個人的な利用に関しては特に制限がなくても、会社のホームページやアフィリエイトサイトなど商用サイトで使う場合は著作権の表記が必要だったり、教材や特典として素材を不特定多数に再配布したり二次加工することが禁止されている場合があります。
商用サイトにフリー素材を使う場合は利用規約に抵触しないよう、十分に気を付けましょう。
もし制作を指示した方がフリー素材の著作権について詳しくないようなら、読者のみなさんのほうから説明をしてあげてください。
ほとんどの場合、フリー素材の「フリー」とは「無料」という意味だけを指しており、著作権は放棄していません。
ダウンロードした素材を断りもなく加工して使ったり、自分のサイト上やメルマガで特典として配布するような行 為は著作権の侵害に当たります。
なお、仕事としてホームページの作成に関わる場合は、希望のイメージに合ったフリー素材が見つからないこともありますし、著作権の関係で有料の素材サイトから購入することになる場合もありますので、制作費の見積りに含めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です