「未病」の段階

「未病」とは、「病気の一歩手前」のこと。病院で検査を受けても異常はない。でも、なんとなく体調が悪い・・。今は、大丈夫でもこうした状態を放っておくと、近い将来、病気に進んでしまうかもしれません。東洋医学には、未病の段階で体のケアをし、病気を 未然に防ぐ、という基本的な考え方があります。その未病に対する最高の処方護が、「ツボ押し」なのです。人聞はもともと、体の不調を治そうとする力が備わっています。つまりツボ押しは、「自然治癒力」を活かすことができる、一番のセルフケアでもあります。